top of page

小谷村地域おこし協力隊(おたり自然学校・石坂地区担当)を募集します!!


 初めまして。おたり自然学校 代表の大日方(おびなた)と申します。このページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 現在、長野県小谷村(おたりむら)及びおたり自然学校では、自然に関わるあなたの得意・大好きな分野(例えば野鳥、虫、草木、アウトドアスポーツ、自然を生かしたモノ作り、山の恵みを活かした料理などなどなんでもOK!)でこの地域の「ありのままの自然」を活かし、地域活性化に貢献していただける人材(地域おこし協力隊員)を募集しています。採用された暁には、地域おこし協力隊の制度上は村役場の嘱託職員になりますが、日々役場へ通うのではなく、活動自体は私たちおたり自然学校が受け入れ先となり、日々小谷村の大自然をフィールドに思う存分に活動を行っていただきます。

●地域おこし協力隊制度についてはこちら


今回の募集について、私やおたり自然学校、地域の紹介などを交えながら説明させていただきます。

※以下はあくまでも私の主観であり地域の総意でないことを予めご了承ください。


●おたり自然学校 代表 大日方について

 私は長野県千曲市の出身で、9年前に小谷村へ移住しました。幼少期は祖父母に連れられ山へ山菜・きのこ採りに出かけたり、田んぼ畑仕事を手伝ったり、自然の中でたくさん遊び回って育ちました。そんな経験もあってか「狩猟採取」をこよなく愛し、ほぼ毎日山へ分け入り季節に応じた旬の山の恵みを採って食べる自給生活をおくっています。

 大学への進学で千葉県に移り住みましたが、いつからか「地域(長野)の豊かな自然を活かして人の役に立てる人になりたい」という漠然とした想いが芽生え、卒業後はNPO法人千葉自然学校という団体の職員となり、週末、長期休みのキャンプ企画、同団体が運営する青少年教育施設での学校団体受け入れなどで主に子どもたち向けの自然体験プログラム開発・提供を行うなど、自然体験活動の指導者としての経験を積みました。

 いよいよ長野に戻り活動したいという想いが強くなった時に、ありのままの自然が残っていて(幼少期に開発によって原風景がなくなってしまったことが影響しています。)人口減少で若者も少なく困っている地域の方がお役に立てるのではないかと考え、地元ではなく小さな村で移住先を探しました。その中で、一際目を引いたのが小谷村でした。自然好きから見たら小谷村はまさに資源の宝庫で、最初はなぜこの地域で過疎化が進んでいるのか不思議に思いました。さらに、小谷村が当時も「地域おこし協力隊員」の募集をしており、自身が地域のことを知るためであったり、いろいろいな勉強や資格取得(任期中に狩猟免許などを取得)に費用と時間を割くことができると分かり、こんなに素晴らしい制度なら利用しない手はないと思い、小谷村に移住し、3年間協力隊員を務め、任期後の2017年にこの地域で暮らし続けていくための自身の生業として「おたり自然学校」を起業しました。