top of page
Blue White Colorful Welcome to Our Classrom Facebook Cover-2.png

▶︎ハンタークラスとは?

春は山菜や薬草を採り、夏は魚を釣り、秋はきのこを採り、冬は獣を追う。野山に分け入りありのままの自然を見つめ、自然から学ぶことで、自然は様々な恵みを与えてくれます。このクラスでは、人が生きるために必要不可欠な食料を野山から自給する力を身につけるべく、動植物の知識、刃物や火などを扱う技術、自然の中で自分の身を自分で守る術など、現役猟師から総合的な野外活動技術を学びます。食べることは生きることであり、他者の命をいただくことでもあります。命と向き合うことで見えてくる人以外の生き物のリアルな世界を体感することで、改めて「いただきます」の意味、自然との共生について考える機会を持ちます。

▶︎ハンタークラスの目的

①四季の野山から食料を調達する力を身につける 

②狩猟採集活動を通して総合的な野外活動技術を磨く 

③他者の存在(命)を知り、命をいただくこと、自然と共生することと向き合う

▶︎ハンタークラスの心得

①自分の身は自分で守る 

②自ら学ぶ 

③他者(自然や人)への敬意を忘れない

▶︎参加条件

▶︎対象年齢

●小学4年生以上〜69歳で心身ともに健康な方

​※小学生は同じく参加者として保護者同伴が必要です。

ハンタークラスでは、ナイフなど使い方を誤ると大怪我につながるような道具も頻繁に扱い、基本的にツキノワグマなどの野生動物の生息域での活動が主で各回様々な危険も伴います。よって以下の点を満たすことを条件とします。

①ハンタークラスの心得を理解・遵守できる方

②健康状態に問題がない方

→心疾患がある方、妊娠中の方などはご参加いただけません

③狩猟採取活動を暮らしの中で実践したいと考えている方

→本講座は狩猟採取技術を磨き自給力の高い暮らしを送りたい方を鍛えるためのものです。観光的なツアーではありませんのでご注意ください。

④ある程度の体力・野外活動経験があること

→整備されたキャンプ場や登山道など、レクリエーション的なアウトドア活動では立ち入らないような場所での活動が主です。整備された登山道であればまる1日歩ける程度の体力、テント設営は自分でできるくらいのアウトドア経験があること。

▶︎授業

年間授業料
13万円 (単発での参加も可能です。単発でご参加の場合の授業料は各回の授業内容を確認ください)

★年間受講特典

①授業料割引

→年間でお申し込みいただくと、各回単発でお申し込みいただくよりも「約1万円」お得にご参加いただけます。
②各種ガイドツアー参加費割引
→各回の授業をきっかけにさらに自主的に学びたい方のために、対象となる各種ガイドツアーの参加費を割引いたします。詳しくはスタッフまで。

各回の授業内容

1.png
時 間

13:00〜翌13:00

①刃物の基本的な扱い方を習得する

②自然にあるものを燃料にして火を起こせるようになる

③山菜を10種類以上覚える

④気をつけたい植物を見分けられるようになる

授業目的

●16,500円

体験料(2日分)、宿泊料(テントサイト)、消耗品(薪など)、食事(夕・朝・昼)、保険料、消費税など

​※テントのレンタルが必要な方は別途レンタル料がかかります。(ソロ用2,500円/3〜4人用3,500円)

●刃物の扱い方(ナタ、ノコギリ、ナイフなど)  刃物の特性/安全な使い方・メンテナンス/刃物で食器作り(箸、スプーン)

●火起こしと野外炊飯  火が起こる仕組み/火種・燃料の確保/火起こし実践/野外調理実践

●山菜採取     食べられる山菜の見分け方/気をつけたい動植物

●山菜クッキング  山菜の下処理/山菜クッキング実践

授業料

1日目は、狩猟採取を目的とした活動の際に、特に必要不可欠な基礎知識・技術を集中して学びます。刃物の扱い、火起こし、野外調理などなど。覚えることはたくさんありますが、これらができるだけで活動の幅はぐっと広がることはもちろん、危険を回避することにも繋がります。

2日目は春の野山を賑わす素晴らしい食材「山菜」を採取しながら、整備されていない山道を歩く際の注意点や、毒草などの存在についても学びます。お昼には自分で採取した山菜を焚き火で調理して味わいます。

​※宿泊は各自テントになります。

授業内容
2.png
時 間

13:00〜翌11:00

授業目的

①テンカラ釣りの準備ができるようになる

②魚をさばけるようになる

③渓流での安全な過ごし方を覚える

授業内容

イワナやヤマメなど、渓流に暮らす魚たちを釣って食べるための技術を学びます。渓流釣りといっても釣法はたくさんあり、本講座では延べ竿、糸、毛鉤というシンプルな道具だけで魚を釣ることができる「テンカラ」というスタイルで行います。初日は毛鉤を自作するところから始め、池をベースに釣りの準備、キャスティング、釣り上げ方、釣れた魚のさばき方まで、釣って食べるまでの一連の流れを実践。翌日は早朝から渓流に入り、とことんテンカラ釣りを実践します。危険も多い川での安全な過ごし方も覚えます。

●釣りの準備  毛鉤の作り方/釣り糸の結び方

●釣りの基礎練習  竿の扱い方/キャスティング/アタリへの合わせ方 

●渓流釣り実践  安全な過ごし方/魚のいるポイント/釣れた時の対処など

●渓流魚の捌き方・調理法

授業料

●19.800円

​体験料(2日分)、釣り道具レンタル、釣り消耗品(針など)、宿泊料(テントサイト)、食事(夕)、保険料、消費税などを含む

時 間

12:00〜翌12:00

授業目的

①タープでの野営技術を身につける

②夏に採取できるきのこや山菜などを覚える

③身を守るための焚き火術を覚える

今回はキャンプ場ではなく整備されていない森の中でタープを使った野宿方法を学びます。タープはテントに比べより身軽に山の中で過ごしたり緊急時にも役立つアイテム。その場にある枝や立木を使い、ロープワークも駆使して設営します。安全に過ごすために、野生動物や虫などから身を守りる焚き火術やなども覚えます。また、実は冬に次いで食糧が少ないのが真夏の野山。夏でも採取できるきのこや山菜の種類や見つけ方を覚え採って食べます。

●野宿 寝床の選び方/タープの扱い方/身を守るための焚き火/水の確保 

●夏の野山の食材調達  食べられるきのこ・山菜・木の実の見つけ方/毒きのこなどの見分け方

●焚き火 身を守るための焚き火/火事を起こさない・自然に負荷を与えすぎない方法

●子ども 8.000円 ●大人 6.500円

(体験料、食事1食(昼)、保険料、消費税など ※お昼は簡単な汁物を作ります。おにぎりなど主食はご持参いただきます。)

●16.500円

​体験料2日分、食事(夕、朝)、保険料、消費税などを含む

授業料
詳細はこちら
授業内容
時 間

12:00〜翌々日12:00

授業目的

①渓流で寝床を確保し野宿ができるようになる

②これまでの経験を組み合わせて自身の力だけで食材を調達し食事がしっかり作れるようになる

③応用力・判断力を身につける

授業内容

今回は最低限の装備で山奥の渓流へ分け入り、山菜、きのこ、渓流魚などの食材調達、タープでの野宿、燃料の確保など、これまで学んだ野外技術をフル活用して過ごす2泊3日の合宿を行います。1日目にフィールドを回り把握したら、翌日からは自分の力だけで食材と燃料を調達し食事を作ります。都度状況判断や応用力が求められますが、安全に、そして充実した食事を得られれば大きな自信になるでしょう。せっかくなので釣り以外の魚の調達方法も学びます。

●山菜・きのこ狩り これまでのおさらい/食べられる山菜・きのこの見つけ方・見分け

●渓流釣り実践  渓流での安全な過ごし方/魚のいるポイント/仕掛けの修復/釣れた時の対処

●野宿  寝床の適地・注意点/燃料の確保/焚き火と炊事

●釣る以外の魚の獲り方 つかみ獲りなど

授業料

●33.000円

体験料(3日分)、食事(夕×2、朝×2、昼×1)、保険料、消費税などを含む