白馬大池登山ツアー(標高2,379m)

​雲上の楽園

大自然がつくり出した奇跡の箱庭

 ゴンドラ・ロープウェイを乗り継ぎ辿り着く、標高1,900mの栂池自然園が旅のスタート地点。歩きはじめてすぐ眼下に広がる自然園と、白馬三山の絶景に思わず息をのみます。途中の天狗原の広々とした湿原を通り、森林帯の岩登りを越え、乗鞍岳山頂を下ると、青々と水を湛える白馬大池に到着します。高山の風が吹き抜け、咲き乱れる高山植物、周囲2kmの乗鞍岳と白馬岳の間にできた景観は、チングルマやハクサンコザクラ、イワギキョウ等の花が群生し、まるで自然が作った箱庭のようです。

IMGP0838
IMGP0838
press to zoom
IMGP0832
IMGP0832
press to zoom
IMGP1183
IMGP1183
press to zoom
IMGP1197
IMGP1197
press to zoom
IMGP0972
IMGP0972
press to zoom
IMGP1009
IMGP1009
press to zoom
IMGP1053
IMGP1053
press to zoom
IMGP8998
IMGP8998
press to zoom

​歩き始めは木道がメイン。足を慣らしながら登っていきます。

​木々の間から見える栂池自然園、白馬三山は息をのむ絶景!

​天狗原にはいくつもの湿原があり、ワタスゲなどの群生が出迎えてくれます。

​天狗原から少し岩場を登った祠からは、後立山連峰がばっちり見られます。

​白馬乗鞍岳への登山道から天狗原をふりかえると、妙高・戸隠連山の山々が勢ぞろい。

標高2,469mの白馬乗鞍岳まで辿り着くと彼方へ続く稜線、高山の風を感じ、北アルプスのスケールの大きさを体感できます。

​雪解け水が注ぎこみ澄み渡った水の色はまるで空のよう。説明不要の絶景がここにあります。

時間があれば高山植物の宝庫栂池自然園も散策します。

​※山の難易度については、「信州山のグレーディング」を参考にしてください。

​雨天中止 ※雨天が予想される場合は中止となります。

      中止の場合、前日18:00までにご連絡いたします。

平成28年 7月30日(日)

【開催日】

【会 場】

【時 間】

【対 象】

【料 金】

【定 員】

【服 装】

【持ち物】

【雨 天】

【備 考】

7:30~16:30(受付開始 7:15~)

​20代~60代で8時間程度山道を歩くことができる方

​各回8名(最少催行2名)

10,000円(栂池パノラマウェイ往復乗車券、ガイド料、保険料、消費税を含む)

​白馬大池・栂池自然園 (集合・解散 栂池高原第2駐車場)

​速乾性があり動きやすい服装、帽子、​履きなれた登山靴

□ザック(30ℓ程度) □水筒(飲み物)(1ℓ以上) □行動食(あめやチョコなど)□防寒着(当日の天候に合わせ、休憩時にさっと羽織れるもの) □昼食

□レインウエア(上下セパレートのもの) □保険証 □汗をふくタオル等

ゴンドラ駅周辺(集合場所付近)に温泉があります。