国産 天然メープルシロップができるまで ~黄金の一滴に出会う感動体験★~


みなさんは普段何気な~くホットケーキなどにかけて食べている「メープルシロップ」がどのようにできているかご存知ですか? そしてなんとなくメープルというとカナダのイメージがあるかもしれませんが、実は日本でもメープルシロップを作ることができるんです! しかし、実際に自分の手で作ってみるとけっこうな手間がかかります!なので、その分できた時の感動がすごいんです+゚。*(*´∀`*)*。゚+ 

今回は、そんなメープルシロップについてのお話です。

そもそもメープルシロップって何?

みなさんはメープルシロップが何からできているかご存知ですか?ヒントは、販売されているメープルシロップの ほぼすべてのパッケージに書かれているであろう「葉っぱ」です。

そう、メープルシロップはカエデという樹木の仲間の「樹液」を濃縮した甘味料なんです!常温で固体状になるまで濃縮されたものはメープルシュガー、メープルシロップを加熱濃縮後、急冷しつつ撹拌しクリーム状にしたものはメープルバターと呼ばれます。

世界で流通するメープルシロップの約70%がカナダのケベック州産!ということからも、やはりカナダは世界に誇るメープル生産国だといえます。

なぜカナダの、しかもケベック州がそれほどたくさんのメープルシロップを生産しているのかというと~

ケベック州周辺には、カエデの中でも樹液に含まれる糖度が高い「サトウカエデ」という木が多く分布しているからなんです!ではその樹液の糖度はどれくらいかというと、なんと!「3%」も含まれているんです\(◎o◎)/ といっても、多くの方は「たった3%…」と思われるかもしれません^^; 後に紹介しますが、これは日本のメープルの木の倍近くの糖度になるんです!

メープルシロップは、樹液を「66%」になるまで煮詰めて作るので、元の糖度が高い方が当然できる量も多くなります。よって、サトウカエデはメープルシロップの生産性がとても高い木だと言えます。

さて、専門家ではないので、難しい話は置いといて…

日本にある木を使ってメープルシロップを作った様子をご紹介いたします。

日本国内には、30種類程度のカエデがありますが、樹液を採取しているのは主に「イタヤカエデ」(写真左)や、「ウリハダカエデ」(写真右)になります。

樹液採取に適した木を選んだら、ドリルで穴を開けます。すると、時期が合えば(この話は長くなるので別の機会にm(__)m)すぐに樹液があふれて滴り始めます。そこにホースをつなぐための器具を打ち込み、タンクと木をホースで接続すれば採取するための準備はOKです。しばらく日をおくとタンクにたまっていく仕組みになっています。