Please reload

最新記事

里山自然体験キャンプ 夏コース

August 1, 2016

 7月16日~18日の2泊3日間で、里山自然体験キャンプの夏コースを開催しました!

 

まずは寝床になるテント設営から。

テントはスノーピークのアメニティドーム。協力して上手に設営できました♪準備ができたら探険に出発!

 

 

 森の中に長く続いている探検路。林内は涼しくて気持ちよく歩けました。沢筋には「ヨシナ」、「ワサビ」、「クレソン」などまだまだ食べられる山菜も豊富です。自分で採った山菜がどんな料理になるか…想像するだけでわくわくしてきます!

 

 慣れてくるとふり返らずともビク(山菜等を入れるかご)に山菜を入れられるくらいベテランっぽさが出ています。(笑)

 

 探険村の守り神の木にも挨拶してきました。森の中に一歩踏み込めばいろいろな発見・出会いが待っています。

 

 続けて今晩の夕食を求めて畑に野菜収穫へ。この日はジャガイモ、ピーマン、ナス、キュウリ、ネギを収穫。採れたて野菜で夕食は何を作ろうかな?

 

 収穫した野菜は探険村の小川で洗います。新じゃがということもあり、ジャガイモは川の石の上で転がすとつるんつるんに!包丁、ピーラーで皮むきは不要です!

 

山から流れ込む水は冷たく、冷やしたキュウリはきんきんに冷えて最高においしい!ので、思わず河童になっちゃいます。(笑)

 

 

たくさん遊びたいところですが、そろそろ夜に備えて夕食とお風呂の準備。池にいるイワナのえさやりもやってもらいました。

 

夕食は収穫した野菜をメインにダッヂオーブンで作る「夏野菜カレー」!野菜のうまみが凝縮された最高のカレーに全員大満足でした!

 

 食後はドラム缶風呂で汗を流します。薪で沸かしたお風呂は体の芯まであたたまって気持ち~!!

 

せっかくなので、夜の探険にも出かけました。夜の池にはホタルやコウモリが飛び交い、水中には警戒心の薄らいだイワナたちがぞろぞろ出てきて生き物たちでにぎわっていました!雲の合間からは星を見ることができましたよ。

 

 なんとイワナを網でキャッチ!親子の素晴らしいチームプレイが見られました。

 

 

2日目の朝。軽く森をお散歩してクレソンを摘み、朝食はクレソンサラダとパックドッグでした。

 

 

 この日は朝から山にハイキングに行く予定でしたが、生憎の天候のため軒下で巣箱作りに挑戦してもらいました。道具を使っている時の表情は真剣そのもの。素敵な巣箱が完成しました★

 

 

 巣箱作りをしている間に雨も弱まってきたので、みなさんお待ちかねの釣りにチャレンジ!スタッフがレクチャーのために垂らした糸に速攻魚が食いつき先に釣り上げてしまうハプニング!?もありましたが、なんとか午前中に2匹イワナを釣ることができました!釣れた魚のさばき方も覚えます。自分で釣った魚を自分で食べるためにさばく。なかなか日常生活ではできない大切な体験です。

 

 見事魚を釣り上げました!活きのよいイワナに少しびっくりしながらですが、とても誇らしげな表情です。こうした体験が自信につながり、子どもたちの生きる力を目覚めさせるのかもしれません。

 

 そしてこのキャンプ2回目の河童登場!(笑)

 

 お昼は夏と言えばの流しそうめん!全員お腹がパンパンになるまで食べまくりました。流しそうめん最高~!!