野生動物足跡クイズ🐾 第4問の答え

今回の動物は「ノネズミ」でした〜🐀

「ノネズミ」は都会などにも暮らすドブネズミやクマネズミなどの「イエネズミ」とは違い、主に野山で暮らすネズミの種類で、この足跡の主は大きさ的に「アカネズミ」だと推測されます。

出典:Yahoo!Japan きっず 



後ろ足が発達しているので、移動時は後ろ足でぴょこぴょこ跳ねながら移動します。そして体の大きさに対してしっぽが倍(10cmくらい)にもなり、それを引きずって移動するのでまるで「おたまじゃくし」のような足跡がつくのでした。



哺乳類の中でも特に体の小さい部類に属する彼らもまた天敵が多く、木の根や神社や古民家の軒下や屋根裏など、身を隠せる場所に食料を溜め込んでおいて、冬の間それを食べながら空腹をしのぎます。山の中で暮らしているものは、木の根から木の根へ雪の中にトンネルを掘って移動する強者も!!


そんな彼らの性格が動画から伝わってくると思いますのでぜひご覧ください。



冬に夜道をドライブしていると、道路脇の雪の壁を抜け出せずに困っているアカネズミに出会うことも!笑




では次回もお楽しみに〜♪

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
おたり自然学校

TEL:070-4284-4364

FAX03-4243-2058

〒399-9511 長野県北安曇郡小谷村大字中土7388